薬剤師のライフカルテ

薬学生が薬剤師の国家試験を合格し、薬剤師として働くとき、その半分以上が薬局に就職しています。
しかし、薬剤師として働く場所は薬局だけでなく、病院や製薬会社、食品メーカーなどさまざまです。
また、女性の占める割合も多いため転職も多くあるようです。
薬剤師に特化した求人サイトも数多く存在し、転職を考えている多くの薬剤師の方々に役立っています。

このサイトでは、薬剤師になるためにはどうすればよいのか、薬剤師としての働き方にはどういったものがあるのか、薬剤師の転職について紹介します。
薬剤師に興味があって目指している方、薬剤師として転職を考えている方に向けた情報サイトです。


薬剤師への道


 

薬剤師になるには薬科大学に6年間在籍し、国家試験に合格することで薬剤師としての資格を得ることができます。
以前までは4年間の在籍で試験を受けることが可能でしたが、現在は6年間となっているところから、現代社会の薬剤師に対する薬の知識や技量、そして社会からのニーズが高まっていることがうかがえます。
社会のため、患者さんのためにも、薬剤師としての資格を活かし、日々の業務において実務的な訓練をしていくことでスキルアップをしていく必要があります。


薬剤師の転職について


 

医師や看護師をはじめとする医療業界は、慢性的に人手不足となっています。これは薬剤師にも当てはまることで、転職市場はとても活発です。
不況だといわれている現在ですが、薬剤師は就職先に困ることはないでしょう。
また、薬剤師として、患者さんとのコミュニケーションのために産業カウンセラーの資格をとっておくと、就職や転職に有利となり自分のスキルアップにもつながるでしょう。


働き方


 

薬剤師としての働き方として一番多いのが薬局です。
薬局と同じように、患者さんとの関わりがあるとこからみると、他には病院や学校での勤務があります。
また、薬の開発者として食品メーカーや製薬会社で働く薬剤師も多く存在します。